Y's Blog

眠い人の眠い日々、時々洋楽

murmur

絶賛インフルエンザで欠勤してました、やなはです。

今日でお休みも終わり・・・_(:3 」∠)_

また明日からしばらく「ご迷惑をおかけしてすみませんでした」って言いながら仕事です。

寝不足は回復したような気がするけど(当然ながらほぼ寝てた・)、根本的な解決にはまったくなってないよね・

とりあえずはそろそろちゃんと寝れないと体力的にも無理なので、眠剤もらうべく精神科行ってきます。

金曜日に予約取りました(・∀・)こういうことは早い。

まだうつまでは行ってないので、今のうちに打てる手は打っておかないと仕事行けなくなる予感。

うつはぶり返すし面倒なのはわかってるのでなるべくなら再発は避けたい\(^p^)/

ちゃんと寝て、どうにか食べられるうちは大丈夫なので、そこで踏みとどまってあと1年ぐらい過ごそうと思います。

出来そうになかったら辞めます(笑)。

 

続きはうつに対する主観なので、興味ない人はここでストップ。

 

 

 いやぁそれにしても、本当にうつはなると厄介です。

誰でもなりうるっていう意味では“心の風邪”でもまぁ許せる表現ですが、1回かかると水虫とかヘルペス並の治りにくさと再発率、ついでに期間の長さですからね。

治療中断しちゃう人が多いのも似たような感じだし。

変に拗らせたりもするしね。

イヤな感じです。

正直新型うつには疑問ですが、うつ、躁鬱はもうちょっと理解されてもいいんじゃないかなぁと思います。

なりたくてなるもんじゃなし。

薬だって色々あるけど合う・合わないが結構大きいし、効き始めるまでちょっと時間かかるとかコントロール難しいなんて多分なった人しか知らないのに、何故か「まぁ1カ月ぐらい休めばどうにかなるでしょ、また復帰してね」みたいな雑な対応っていうか多分これでもまだマシな方の対応に分類されるような反応しかされないのがツライところ。

治りかけの「そろそろちょっと動けるようになってきた」っていう頃合いが一番誤解されるタイミングかつ最も危険もしくは拗らせやすいタイミングよね。

「もうちょっと待とうか」を誰かがちゃんと言わないと、何かの拍子に『やっぱダメだ』ってなったときが怖い。

あと信憑性の低い話にも引っかかりやすい。

いきなり断薬するとか、よくわかんないサプリとか、何ちゃら療法(民間療法的なやつです、正規のは別)とか。

ステロイドと一緒で、徐々に減らしていかないとリバウンドします。

ダイエットと一緒です。

そりゃ中には上手くいく人もいるかもしれませんが、自分もそれに当てはまるとは思わない方がいいっていうのが薄らぐんですよね・・・。

とっても隣の芝が青い時期なんです。

主治医や治療に不信感があるなら他院に行きましょう。

絶対に今の主治医じゃないとダメなんていう法律はありません。

合わないならチェンジ。

ぶっちゃけよく精神科医名乗って開業したな・・・っていうところもあるのは本当なので、どうもおかしいっていう感覚は信じていいと思います。

何とか大学出身だろうが医学博士持ってようが合わなければ意味ないので替えればいいです。

疑わしければ紹介状書いてもらいましょう。

書かないっていうなら行くの止めて他を当たりましょう、十中八九ヤブです。

できれば病院の規模も今より大きいところを紹介してもらえるとなおいいかと。

私の経験上、ちゃんと合う主治医と相談してちゃんと合う薬飲んで、症状に合わせて薬減量していって寛解、っていうのがスタンダードかつ一番有効なんじゃないかと思います。

一行ちょっとで書いてますが、割と長い道のりです知ってます。

紆余曲折経て、が絶対どこかに最低一か所ぐらいは入りますわかってます。

それぐらい、うつって大変かつ厄介な病気なんです。

多分自分や周りが思ってるよりも、厄介です、マジで。

 

 

 

再発する前に気付きたいなー・・・。

自分の話です(;ノωノ)<話が行ったり来たりなのはご容赦くださいませ・

私はベースがASなので、健常者より体調変化に気付けません。

鈍いってもんじゃないらしいですが、本人は全くの無自覚。

前回の経緯でいくと、

バイトと大学で多忙、人間関係でストレス過多→不規則な生活→不眠→食欲不振→食欲不振通り越す→パニック起こす→あえなく御用

でした。

まぁ病院かかってからも薬がなかなか合わなくて何か月か無駄にしました。

それまでが周りに恵まれ過ぎたせいか、ベースのAS特性で困ったことがほとんどなかったのもあって全く気付いてなかったのも大きいのかもしれません。

未だにASだという自覚があんまりないです。

が、このままいくと間違いなく休職まっしぐらな予感しかしないので、大人しく精神科行きます。

私だって寝たいもん。