Y's Blog

眠い人の眠い日々、時々洋楽

murmur

f:id:lis_arielle:20110315134951j:plain

内部のパイプオルガン。

 

 

 

11時前ぐらいに起きて、洗濯・昼食、夜勤のごはんを作り終えて満足したので今から寝ます。

もう既に一仕事達成した感が凄い。

 

 

 

何故方言でブログを書かないのかっていう記事を読んだ話。

彼の記事では、「嘘っぽいから」というのが結論だったようですが、私の場合は「書けないし面倒すぎる」というのが理由です。

書けない

そもそも、出身地はどこですか?と聞かれてあっさり答えられる人は該当しない悩みです。

私の場合、生まれたのは愛知県で、本籍も愛知県に放置されています。

いたのは生後半年ぐらい。

ぶっちゃけ出身地と呼べるのかと言えば、私は呼べないと思います。

その後しばらく東京にもいましたが、これも微妙な期間なので、出身地に該当なし。

1歳ぐらいからは兵庫県にやってきます。

最初に住んでいたのは加古川市。

方言としては東播州弁です。

ですが、ネイティブ播州弁と話す機会は幼稚園に上がってから(保育園:中退)なので、それまでは親と近所の同い年ぐらいの子どもと話すかどうかぐらいでした。

問題の家の中は、と言いますと、一番話すであろう母親は福岡出身ですが、私と話すときは基本的に標準語でした。

彼女の話す関西弁は今でも他所の人の話す関西弁の典型です。

なので、私は母方の実家の人間の話す言葉はある程度手加減してもらわないと全くといっていいほどわかりません。

九州はイントネーションからして全く違うので、単語以前のところからつまずくと思います。

南に行けば行くほど難しい(薩摩弁、沖縄弁などは他の九州地区出身でもわからないらしいです)九州弁ですが、じゃあ本州に近い小倉や博多あたりならわかるのかって言われると全然わかりません。

播州弁に慣れてるにしても、正直博多弁の響きは怖いので苦手です。←

父親は愛知県生まれ愛知県育ちですが、彼の両親は生粋の大阪人なので、彼自身は名古屋弁は理解できても全く話せない人です。

なので、自分の両親と同じ大阪弁で話します。

家の中でも大体大阪弁ですが、職場が兵庫だったり東京だったりしたために若干薄い大阪弁です。

大阪弁も一色じゃないので、大阪弁でまとめると怒られますが、父方は正確には河内弁を話します。

大阪弁を知らない人(テレビでぐらいしか聞いたことがない人って意味です)からすると相当強い響きのザ・怖い関西弁!!ってなる大阪弁です。

そして私、小学校2年生に上がる時になって、今度は姫路市に引っ越します。

同じ兵庫県も南部って思うでしょ?

兵庫の言葉 - chakuwiki

とんでもないです。

こちらは西播州弁、泣く子も黙る方のドきつい播州弁地域です。

周囲はほぼ東播州弁をしゃべっていた小学校(公立)から転校した私が、ビックリして固まるぐらいの威力とだけお伝えしておきましょう。

そんな東播州弁地域に引っ越してから5年、今度は鳥取県に引っ越します。

中学受験に何故か受かったため、鳥取市にある某国立の中学校に行きました。

鳥取県東部は因州弁、もしくは鳥取弁になります。(ちなみに県中部、西部はまた別の方言です)

マイルド播州弁ぐらいだった私ですが、鳥取ではそれはもう「関西弁怖い!」と恐れられていました。

同じ兵庫県でも北部は鳥取弁と似たような方言なんですが、南部とはあまりにも違いすぎるんです。

周りは親子ともども100%鳥取県民というネイティブが多い世界なので、最初はあまりにも怖がられるので標準語で話していました。

ちょっとずつ親が他県出身だったり、話しかけてくれるような子に「○○ってどういう意味なの?」と聞いてはちょっとずつ織り交ぜるスタイルをとりました。

地域出身のおじさま、おばさま方とも話す機会が少しずつあって、ここでも鳥取弁を教えてもらってました。

そして、高校を卒業して、大学は京都です。

京都府民半分、大阪3分の1、その他6分の1ぐらいの大学です。

実習は勿論京都市内、相手は京都弁。

流石に慣れませんでした。

鳥取よりも方言を嫌がられて、かといって標準語も嫌がるという「京都弁こそ至高」みたいな空気についていけないと思いました。

観光にはいいけど、住むには割と排他的な人間が多いので、それなりに覚悟して住んだ方がいいと思います、京都。

現在、また兵庫県に戻ってきて、今度は神戸市に住んでいます。

おわかりいただける方はおわかりいただけると思いますが、自分でも何弁を話しているのかわからないぐらい方言が混在しています。

結局家の中でも、父親は大阪弁、母親はちょっと方言っぽい標準語、私はマイルド播州弁、妹はほぼ鳥取弁を話すような状態です。

どうしようもないんです。

面倒

変換がまともに出ないです。

書く上でこれが一番イライラします。

何でそこで区切ったんだ・・・いやいや当て字すごいなそれ・・・って思ったこと、ありませんか?

やってみたらわかるんですが、最初は区切りや漢字を登録しないとなかなか手間取ります。

そこまでするのかっていう話です。

私はやりません。

時間の無駄なので、さっさと標準語で文面作成して終了です。

~やん、ぐらいなら問題なく変換されますが、語尾だけとか、一部だけの方言って物凄く浮きます。

少なくとも私はとても気持ちが悪いというか、「一体そこを変えることでどうしたいんだ?」って思ってしまいます。

だったら最初から最後まで標準語でいいのでは、という訳で、私は文面で標準語以外を使うことはほぼありません。

たまに標準語なのか方言なのかわからないまま方言で書いてることもあるかもしれませんが、大体は誰でもわかるようにしか書いてないつもりです。

結論

自信を持って方言を使える人が羨ましい。

ですが、方言は誤解されやすいのも知ってるので、あんまり文面上の使用はオススメしない派です。