Y's Blog

眠い人の眠い日々、時々洋楽

murmur

f:id:lis_arielle:20121028163314j:plain

洒落乙すぎるチェスのセット。

フランス貴族、優雅よの・・・。

(2012/10/28)

 

 

 

腰痛です。

コルセット着けてロキソニン飲んで準夜done・・・_(:3 」∠)_

しんどかった・

でも帰りにお寿司食べたので大満足です。

ヒラメ美味しかった・・・あと炙った貝柱・・・!

 

ご飯の話に被せるなよって感じですが、ダンジョン飯(前回の記事参照)読んでます。

クッソシュールで地味に笑えるので気に入りました。

明日2巻読みます。

 

勉強してません。

腰痛で座ってられない(というか寝てても実はツライ)状態で、整骨院通ってます。

元々通ってるけどここ数日毎日行ってる。←

もう本当に困るこの腰痛!!

 

そんな感じです。

要約すると『腰痛にかまけて怠惰に過ごしてる』やなはです。

 

 

 

今週のお題「一番古い記憶」

小・中・高校生の時に不登校とか大学(専門)中退したとかはたまにお見かけしますが、私、一番最初のドロップアウトは保育園です。

保育園、中退しました。

最早ネタなので読んでもらう必要はないですが、まぁ私も例に漏れず集団嫌いの協調性のない子でした。

本当に小さい時の記憶なので、どこまで本当かはわかりませんのであしからず。

 

私が通っていた保育園は、(人生で唯一)私立のカトリック系でした。

しかも当時住んでいた団地から遠くて、多分片道30分ぐらいはかかっていたと思います。

まずその移動が嫌でした。

そして制服。

今見れば可愛いデザインだとは思いますが、当時の私、とにかくスカートが嫌いでした。

タイツも痒いし嫌いでした。

でもって保育園なのにあんまり遊びません。

遊ばないというか、勉強を取り入れた遊びとでもいうのか、初等教育ぐらいのことはやっていたと思います。

それも気に食わなかった(笑)。

外で遊ぶのが好きな私、遊び相手もいないし机に向かって楽しくもない数字のパズルなんてできるほど出来た子供ではありませんでした。

何より私がしたいのは数字のパズルではなく点つなぎだったんですが、数字のパズルがクリアできないことには点つなぎをさせてもらえず、かといって数字のパズルはピースが正方形のプラスチック製だったために、パズル大得意な私でも数字を理解して並び替えないとできない内容だったため攻略不可能でイライラしていました。

ちょっと上のクラスの子が点つなぎをやっているのを見ては羨ましいやら腹立たしいやら(数字はわからないくせに完成図はすぐわかるタイプ)で余計にイラついていたのかもしれません。

www.conceptispuzzles.com

更に嫌だったのが、食事の前のお祈りとおやつの時間。

お祈りは当時からひねくれていたのか、神様なんているかわかんないものに何で祈るの?ってな具合で、毎回周りがそれなりにちゃんとやってるのをそっと見守ってました。

おやつはただの苦行でした。

ホットミルクが何より嫌いだったんですが、それが毎日毎回絶対についてくる。

ありえない。

あと煎餅も苦手だった(今でもあんまり好きではないです)んですが、これもほぼ毎回出る。

ありえない。

全部食べないと遊びに行けない。

もう本当にありえない。

別に眠たいわけでもないのにお昼寝の時間っていうのもあってこれも苦手でした(笑)。

まぁそんなこんなで登園から帰宅までイヤなこと続きで、遂にある日やなはママに

「もう保育園行きたくない」宣言。

 

オカン、あっさり「いやならいいよ、辞めれば。」とのお返事。

 

辞めました。

子ども心に『そう簡単に行かずに済むとは思えない』と思っていて、「行きなさい」って言われたらどうしようか(多分)考えていたんですが、まさかの一発OKでした。

逆に私がびっくりするっていう(笑)。

パパも「なら家にいたらいいよ。」とこれまたあっさり。

ちなみに、当時あんまりにも保育園が嫌すぎたのかチックまで出始めていたらしく、親も保育園が合ってないのかもと思っていたらしいです。

めでたく保育園を辞めた私は、真っ先に近所の本屋さんで点つなぎの本を買ってもらい、嬉々としてやってました(笑)。

ついでにスカーリーおじさんのつくってあそぶ本も買ってもらって、これまた大喜びでやってました。

そんな感じです。

なので、私の一番古い記憶は、

保育園で延々とやった人生で唯一完成できずじまいの数字のパズル

保育園を辞めてからマイブーム絶好調だった点つなぎ

でした。

 

挫折したっていいじゃない、人生だもの。

みんなが普通にできることは自分も当たり前にできなきゃって思うと苦しいよ。